Butt のすべての投稿

売れているサイトと自分のサイトを比べたら

アフィリエイトで大切なのは売れているサイトを研究することだ!
これは当たり前のことです。
しかし、自分が作ったアフィリエイトサイトと売れているサイトを比較すると
・その洗練されたデザイン
・素晴らしいオリジナル画像
などなど見れば見るほど自分のサイトが見劣りしてしまいます。

そんなことに落ち込んでいるとアフィリエイトの友人からのアドバイスは・・・・

■「何を買うか?」も大事だけど「誰から買うか?」も大事だよ
その方のスタイルは一つのサイトをコツコツを記事を積み上げていくホームページです。
いわゆるブログというやつですね。
それもジャンルを絞ってもう何年も運営管理されています。
お世辞にも洗練されたデザインでもないのですがアクセスは安定しているそうです。
マメに更新されていてブログだけでなくsnsでも情報配信されています。
その方は美容に関するブログを運営していて、商品のレビューを自分で試してその評価を時には手厳しく公開され提案す。

その方曰く
『「何を買うか?」も大事だけど「誰から買うか?」も大事だよ』
ということなのです。
ブログやホームページから物を売るということは、」どれも独占販売ではありません。
アマゾンやヤフーショッピングでも買えますし、スーパーやデパートに行けば変える物もたくさんあります。
まして、スーパーやデパートなら実際の商品を手に取って自分の目で確認もできます。
だからこそ
「何を買うか?」も大事だけど「誰から買うか?」も大事だよ
と言われています。

時には手厳しいレビューも書いてダメな物はダメ!良い物は良い!
これが信用というものになるそうです。
売りたい?売りつけたい?
それはいくら自分にそのつもりが無くても文字の裏側に現れるそうです。

「売ると思うな!思えば負けよ!
 ただ自分の感想を正直に伝えていけばお客さんはついてくるのよ!」
売りたい商品のセールスポイントばかリられるする私のホームページをみていただいてそうズバッと指摘されてしまいました。
アフィリエイトは難しいなぁ・・・
みみもとくん 類似品

アフィリエイトで挫折しないために

アフィリエイトって稼げる?
そんな世間一般医風潮ですが、いきなりアフィリエイトで稼ぐだなんて難しくないですか?
ASPに登録しましょう
稼げるキーワードを探しましょう
SERO対策とは・・・
そんな情報の海におぼれてしまいます。
そもそもアフィリエイトの前にまずホームページを作ることに慣れなければいけません。
一昔前はHTML文を習得しなければいけませんでしたが、今はより簡単なブログシステム(ワードプレスなど)が普及しゅてだいぶハードルが低くはなりましたが初心者にはまだまだ簡単ではありません。
アフィリエイトを始める前に稼ぐとことは忘れてますはホームページやブログから始めましょう。
今は無料ブログサービスもたくさんあります。
日記や雑記ブログを無料ブログから始めてなんとなく慣れていく。
その次は自分でレンタルサーバーを借りれドメインをとってオリジナルのホームページやブログを始める。
そんな順序でもいいのではないかとおもいます。

■アフィリエイトはコツコツ星人が勝つ
アフィリエイトで稼いでいる友人に教えてもらったのですがその方は
「結局、アフィリエイトはコツコツ星人が強いよ」
と教えてくれmさひた。
ホームページやブログって簡単い一揆にアクセスをあげることってかなり難しいそうです。
グーグルにその存在すら認めてもらっていないアフィリエイトサイトってめっちゃくちゃ多いそうです。
それでみんな
「アフィリエイトは儲からない」って挫折するらしいです。
その方はもう何年もブログを続けていて、1年目あたりからグッとアクセスが増えてきてなんとか稼げるようになったのは2年目くらいからだそうです。
その間、コツコツと記事を書き貯めていったそうです。
もちろん記事を各尾にもコツがあるそうですが、まず最初は「習うよりも慣れろ」ということが大事だそうです。
自分の好きなことや得意なことを他の人に役立つように書いていればそのうち結果はついてくる
入院 暇つぶし 老人

自分のサイトでアフィリエイトする?アフィリサイトを作る?

アフィリエイトをするにも2通りあります。
・もともと持っていた自分のサイトにアフィリエイトをする
・アフィリエイト目的のサイトを作る
これって似ているようで大きく異なります。

■もともと持っていた自分のサイトにアフィリエイトをする

数か月?
数年?
自分のサイトを運営管理しているとある程度のアクセス数はありと思います。
そんな自分のサイトのアクセス分析を行うと
・アクセスのあるページ
・意外なキーワードで検索されているページ
そんなお宝ページが見つかるかもしれません。
そんなページに相性の良い案件を見つけてアフィリリンクを張ればクリ㏍スされる可能性は高くなります。

■アフィリエイト目的のサイトを作る

これは最初からアフィリエイト目的ですから、まずは売りたいアフィリエイト案件を探さなければなりません。
どんなアフィリエイト案件を売るのか?
それにはどんなキーワードがいいのか?
そのキーワードで上位表示してアクセスを集めるには?
そにはさまざまなノウハウや義汁も必要になてきます。

■挫折するのは「アフィリエイト目的のサイトを作る」かもしれない

狙ったキーワードで検索上位に表示させる?
これって今の時代はかなり至難の業である事は間違いありません。
成約する可能性の高いキーワードは既に先行者ががちがちのSEO対策や高品質な記事を書いています。
なによりそのキーワードがドンズバで成約性が高いのか?すら何時間もかけて記事を作成してアップしてみないと分かりません。
さらに困るのはその記事が上皮表示されるか否か?
それは公開後数か月~1年単位も経過してみないとわからないからです。
公開された記事の評価が決まるんもはとても時間のかかることなのです。

■当たったキーワードの記事でアフィリエイトする?アフィリエイトのキーワードを当てる?
これが非常に難しい・・・
アフィリエイトで売れるキーワードはやってみないと分かりません。
たくさん検索されるキーワード = 売れるキーワードとは限りません。
まあ、その確率はかなり高いですが、競争率は異常に高い

意外とアクセスは少なくても売れるキーワードもあります。

もうこのあたりは宝探しにも似ているのです。

ノアンデ すそわきが

アフィリエイトで売れているサイトの研究

売れているアフィリエイトサイトを研究するには月に何百万円も稼いでいる「スーパーアフィリエイター」と呼ばれている人のサイトを研究で着れば一番良いのですが、そんなサイトを見つけるのは至難の業です。
では、どうやってそんなスーパーアフィリエイターのサイトを調べればいいのでしょうか?
高収入のアフィリエイターを探すにはこんな方法もあります。
それはアフィリエイト同士の競争が熾烈絵お極めている金融系のキーワード
例えば「消費者金融」などfでグーグルで調べてみる方法です。
この中で上位を占めているアフィリエイトサイトを調べてみるのです。
激戦ですがこんな金融系キーワードではアフィリエイト報酬は相当高いです。
1件当たり1万円以上もありますし、成績の良いアフィリエイターなら特別単価を貰っているかもしれずその報酬は数万円かもしれません。
まあこんな熾烈なジャンルではあまり山王にならないかもしれないのでとにかく自分の狙っているジャンルのアフィリエイトサイトを探すことの方が役に立つかもしれm線。

もひとつ売れているアフィリエイトサイトを探すのは、アフィリとコンテストで入賞しているサイトをじっくり研究してみるのもいいかもしれません。
定期的にASPというアフィリエイターと企業を仲介する会社がコンテストを開催しています。
特に「楽天アフィリエイトアワード」や「電王卸」の「天下一武道会」などでは売り上げを競っているので入賞サイトは紛れもなく稼いでいるサイトです。
これから稼ごうとしているアフィリエイターにとって稼いでいるアフィリエイターのサイトは紛れもなくお手本にするサイトでもあります。
「どうしてこのサイトから売れているのか?」
「キーワードは?」
「アフィリエイトリンクボタンはどんなふうに?」
自分では気づかなかった稼ぐコツがそこにはたくさん隠れているのです。
決して見た目やサイトの美しいデザインだけではないことも多いので驚かされることも少なくありません。
カイポケ 料金

アフィリサイトのテーマ探しで彷徨う

アフィリサイトの成功の秘訣はテーマを絞ることです。
しかし、このテーマ選びが四苦八苦酢するんですね。
大手やパワーアフィリターたちが手を出さないニッチなものや自分の得意分野、ユニークな切り口
そんな視点から探すのですがなかなか簡単には見つかりません。

■人が望むようなテーマって何?
日頃の情報収集から世の中の人たちがどんな情報を求めているのか?
それを探らなければいけません。

■テーマカラーも大事
WEBサイトを作成するにあたっては色使いも重要です。
訪問者の年齢や性別や属性によってもカラー遣いは異なってきます。
今回は癒し系なので「グリーン」を洗濯してみました。
前回は若い女性向けなのでピンクを基調カラーにしあmしたが。

■ たとえ今は売れそうにないテーマでも種まきのつもりで

ブームになってからではスタートは遅すぎます。
なぜなたSEOの効果は早くて数か月はかかるものなのです。
やっとなんとか上位表示に成功した
でも、その時にはブームは去っていた理、他の大手やパワーアフィリエイターが参入してきて過当競争の状態
そんなことのないように少しでも見込みのあるテーマならいち早く着手するべきだともいます。

また季節ものの商品を扱いのならば、最低半年前から仕込みに着手しなければなりません。
まるでそれは洋服のアパエル業界にも似ています。
かれらは暑い真夏にその年の冬の流行のデザインを考えてすでに行動しています。
寒い真冬に真夏の服を考えています。
そんな彼r田を見習って季節ものの商品を紹介するなら早めにサイト作りをしなければなりません。

■定番商品か?関連商品か?
売れやすい定番商品には多くのアフィリエイターが群がっています。
そこで類似した関連商品で攻めていくのか?
堂々の定番商品で攻め地区の課?
しっかりと戦略を考えなければいけません。

■差別化のための特徴は?

「花」ひとつでも「贈り物」「母の日」「父の日」「誕生日」「など切り口が無数にあります。
そのなかでどれを切り口にしていくのか?
その商品を買う人のシチュエーションを想像しなければなりません・

う~ン、ますます泥沼にはまっていく気がします。
カイポケ 料金

アフィリエイトサイトはECサイトも専門店型サイトも勉強になる

アフィリエイトサイトでアクセスはそこそこあるのに商品が売れない?
そんなことって毛校あるんですね。
そんな時に参考にすべきは同じジャンルと取り扱っているECサイトや同じネットショップです。

広く浅く多くの商品を取り扱っているECサイト
それとは逆に
深く狭くいわゆるセレクトショップみたいな専門ネットショップ
この閃絡のどちらを目指していくかはあなたの判断次第です。
個人御アフィリエイターなら断然「深く狭く」の専門店的ネットショップがおすすめです。

ショッピングモールのような幅広い品ぞろえのECサイト
ユーザーは欲しいものが必ず見つかる安心感があります。
それとは逆に
「コスメ化粧品だけ」
「香水だけ」
といった専門店型ネットサイトも的を絞ったユーザーを対し鵜にできます。
ECサイトでは圧倒的なアクセス数を集めないといけませんが、専門店型ネットショップでは少ないアクセスでもビジネスは成り立っています。

例えば香水ひうとつでもECサイトなら
・ブランド名
・商品名
・価格
などいろんな分類ジャンルが必要になりますがこれ以上でもなくこれいあkでもありません。
しかし専門店型ネットショップでは
この
・ブランド名
・商品名
・価格
以外にも
・香水の歴史
・メーカーの歴史
・メーカーの考え方
・シュチュエーションの地g杯による香水の使い分け
さらには
・どんな有名人がどの香水を使っているか?
などさまざまなアプローチができます。
こんな専門店型ネットショップがどんなところに目を付けているか?
はとても参考になりますよ。

ショッピングモールのようなECサイトも参考になる点もたくさんありあmす。
ECさいとは大きなジャンル分けで多数の商品を扱っているにもかかわらず、どれもまるでトップページのような丁寧夏キリになっています。
またユーザーがサイト内で迷ってしまわないようにうまく動線が考え抜かれています。
商品ページには関連商品もさりげなく紹介されていて、まとめ買いを誘う巧妙な仕掛けもたくさんあります。
そんなサイトをいろいろ研究しながら自分のアフィリエイトサイトに何が足らないのか?取り入れるポイントは?
そんな視点でネットサーフォンをしていると思わぬヒントがいつかることもあります。

オリーブスマートイヤー 口コミ

売れているサイトと売れていないサイトの違い

アフィリエイターなら自分のサイトと売れていそうなサイトをしっかりと比較研究してみないといけません。
売れているアフィリエイトサイトはスムーズに買い物ができるサイトばかりです。
この一見なかなか気づかないスムーズな買い物ができるサイトの秘密は何なのでh草加?

■なぜそのサイトでは気持ちよく買い物ができるのか?
・ページの表示が早い
・迷子にならないナビゲーション
・お目当ての商品がすぐに見つかる
・商品の説明に納得できる
・商品について予備知識が豊富
・価格が安い
・送料が無料である
・在庫が豊富
・対応が早い
・運営者の想いが伝わるページがある
・特定商取引法の表示
・セールを定期的にしている
・注文してから決済までのステップにストレスを禍にjない
・画像が鮮明でイメージを掴みやすい

これらが自分のサイトで実現できているか?
少なくとも最低ラインを満たしているか?
客観的に比較検討してみましょう。

■ユーザー導線は?
訪れたユーザーが求めている情報へ「スムーズにたどり着けるか?
■情報の見せ方
キャラクターを使っ吹き出し形式で話しかけたり、体験談を掲載したりと単なる情報紹介でおわっていませんか?
■譲歩の関連付け
情報と商品内容はマッチしていますか?
■商品の並べ方
商品を選びやすい並べ方になっていますか?
■色合い
サイトカラーが商品も購入意欲w2御高める手助けをしていますか?
■キーワードの選び方
商品に対してどんなキーワードを使っていますか?
■画像と文章の配置
メリハリのある画像と文章の配置になっていますか?
■画像の大きさ
商品お携帯がよくわかる画像の大きさになっていますか?
■文章の量
読むことにストレスを感じさせない量になっていますか?
■リンクの数
訪問者が迷子胃にならないように適切なリンクの数になっていますか?
ポケットワーク 体験 給料 いくら

自分が買い物客になってみると至極当たり前のことが自分のサイトでは実現できていないポイントもたくさんあります。
一度にすべてを改善することは無理でもコツコツと改良を続けていきましょう。